So-net無料ブログ作成

大人気★山の上ホテルの朝食の和定食食べてみた [グルメ情報]


山の上ホテルは、東京の御茶ノ水の明治大学の裏手にある、
こじんまりとした大きさのホテルです。

山の上ホテルは、かつて、日本を代表するような小説家が常用する
ホテルとして知られ、家で筆が進まなくなっつたり、出版社から原稿の
締め切りの催促等で缶詰にされる目的でこのホテルを指定されることも多かったようです。

食通で知られた時代小説の大家、池波正太郎は、かつて山の上ホテル
の食のレベルを激賞したということです。

その山の上ホテルで評価が高いのが朝食の和定食(写真)です。
焼き魚・玉子焼き・野菜の和え物・煮モノ・梅干し・漬物・味噌汁と
ザ和食といった内容です。
yjimageCATT7RUC.jpg
朝の会合で初めて食べましたが、参加者は皆、その内容の充実さと
味の良さに驚いていました。

ホテルの利用方法は様々ですが、朝食目当てで行くというのも良いかもしれません。

詳細はコチラ
↓      ↓

山の上ホテル<東京都>
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

トラックバック 0