So-net無料ブログ作成
検索選択

ラーメン評論家北島秀一さん51歳の死因 [一般ニュース]

ラーメン評論家として知られる北島秀一さんがお亡くなりになりました。

まだ51歳という若さでした。

多くの人は”ラーメン評論家だからラーメンの食べ過ぎで体を壊した”
のではないかと思うかもしれません。

北島さんの直接の死因は胆管癌。

2012年から闘病していたとのことです。
その前の2003年には白血病を発病しています。

元々、健康には恵まれなかった方のようで、
ラーメンと直接の因果関係はわからないようです。

ただ気になるのは、やはりラーメン評論家だった
武内 伸さんが2008年に48歳の若さで亡くなっていることです。

武内さんは肝機能障害だったようです。

ラーメン評論家は、”毎日ラーメン食べるのは当たり前”で
1日に2回も3回もというように考えられないような
頻度でラーメンを食べていますので、健康に良くない
生活を送っているといえそうです。

ラーメンの特にスープを全部飲むと塩分や脂肪の取り過ぎに
なり、食べる頻度が増せば増すほど
高血圧等の成人病になりやすくなるといわれています。

実際、私の知人のラーメン好きは、
健康のためスープは3分の1だけ飲むことにしています。

今、アメリカやフランスではラーメンブームとなっている
とかで、全国紙でシカゴのラーメン店は行列が絶えないと報じられていました。

そもそもラーメンが日本食かどうか議論が分かれるところですが
アメリカ人からするとジャパニーズフードの代表格の一つになりつつあるようです。

日本食が世界的に人気となった大きな理由は
ヘルシーということだと思います。

これまで、世界に浸透した寿司その他和食はヘルシーでしたが、
ラーメンはどう逆立ちしてもヘルシーとはいえません。

ラーメンは日本食ということで”ラーメン=ヘルシー”という
誤解が広まなければと思います。







nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

トラックバック 0