So-net無料ブログ作成
検索選択
政治・経済ニュース ブログトップ

「呪」「殺」と対立議員に文書を送りつけた児玉祥子県議とは [政治・経済ニュース]

いい歳した男のくせに号泣した、
温泉への日帰り出張が大好きな野々村兵庫県議。

”結婚したらどうか”との野次で物議を醸した鈴木都議等、
今年はトンデモ地方議会議員の当たり年?のようですが、
また新たなトンデモ地方議会議員が登場しました。

今回の話題の主は秋田県の女性県議会議員の児玉祥子県議

児玉県議が、他の県議に対し「呪」「殺」の字などを使い
批判する文書を相手の県議の関係団体に送りつけた ということで
ひと騒動になっているのです。

文書には 赤い文字で「人を呪わば穴二つ 人を殺さば穴二つ」などと書かれていたようです。

児玉祥子県議は秋田県議会でこれまで3回当選しており、現在3期目
県議会会派「新みらい」に所属しています。

それにしても、いくら相手を批判したくても、
他の県議に対し「呪」「殺」という字を使うとは尋常ではありません。

犯罪行為に等しいです。

秋田県民から選ばれた選良である児玉県議は一体
なぜ、こんなことをしでかしたのでしょうか。

児玉県議は「呪」「殺」の字を用いた
文書を送りつけた男性県議が所属する民主党を
過去の選挙で支援していたようです。

ところが最近、その民主党が児玉県議の地元で
対立候補を立てようとしている動きがあることに気付き
腹を立てたということが原因のようです。

児玉県議は「恩を仇で返す人でなし」と批判しているようです。

今回の問題で、秋田県議会は、議会運営委員会で 
児玉県議の処遇を協議するということでしたが、
9月5日に議会運営委員会で児玉県議が陳謝した
ことで一件落着になりそうです。

それにしても最近、ろくなことで話題にならない地方議員。
たまには、ましなことで話題になって欲しいものです。







野々村県議の「フルスロットル謝罪」とは? [政治・経済ニュース]

今や日本一有名な議員となった兵庫県の野々村竜太郎県議議員。
セクハラやじの名を馳せた鈴木章浩都議会議員など
霞んでしまいそうな勢い?です。

どうやら国会より地方議会の方が人材豊富なようです。

ところで、その野々村竜太郎県議の号泣というより、絶叫シーンが
海外まで飛び火、特にイギリスで高い関心を集めているようです。

イギリスで日本でいえば朝日新聞のような高級紙のタイムズ紙
野々村竜太郎県議の絶叫シーンを大きくとりあげました。

タイムズ紙が注目したのは
野々村県議が本当に謝罪しているかどうか別として
謝罪のポーズである「深いお辞儀をする」のではなく
「感情のコントロールを失い、体を震わせながら泣きじゃくったこと」
ことです。
タイムズ紙は、これを「フルスロットル謝罪」と表現しています。
「フルスロットル謝罪」は、英語では、full-throttle apology。

要するに全身の力を振り絞って謝罪したという意味のようです。

一般に欧米では、企業の経営者や議員といった立場の人間は
どんな時にも「冷静でなくてはならない」という考えがあるようです。

1997年、山一證券が破たんした時に、当時の社長が、記者会見
の途中で突如、立ち上がり、”社員は悪く有りません!”と泣きながら絶叫
したことがありました。

この時も、欧米メディアは”社長の絶叫シーン”を大きく報じました。

欧米人からすると企業の経営者は”たとえ1万人のリストラをしても”
平然としているというイメージがあるので、
”なぜ自分の感情もコントロールできないような人物”が経営者なのかと驚いたようです。

野々村県議の場合は、謝罪しているというより、不正出張の追及を逃れる
ためにわざと大げさに泣いてみせているように感じました。

ただ、この人物、只者ではなさそうですので、開きなおって、今回の号泣シーン
をウリにして何か別のことをするのではないかという気がします。








nice!(0)  トラックバック(0) 

オバマ大統領が式典でガムを噛んで大ヒンシュク(動画) [政治・経済ニュース]

今年は、第2次世界大戦の大きな出来事である、ノルマンディー上陸作戦から

70年を迎えたということで、アメリカ・フランス・ロシア等、関係国からオバマ大統領

やプーチン大統領等の首脳が記念式典に参加しました。

この式典でのハイライトのひとつは、3月のクリミア半島へのロシア軍の侵攻によるウクライナ紛争後、

初めてオバマ大統領とプーチン大統領が顏を合わせたことでしたが、

ここにきて、式典の最中にオバマ大統領が”ガムを噛んでいた”シーンが撮影され、

無礼だ・非常識だという非難の声が巻き起こっているようです。

動画をみると確かにガムを噛んでいることが確認できます


オバマ大統領は、最近もホワイトハウスの執務室でカジュアルな服装で電話口に出た写真が出回り、アメリカ国内でも”ラフ過ぎるのではないか”という声が上がりました。

また、先日、日本に来た際も国賓としては異例の”夫人を伴わない”単身での来日でした。

そもそもオバマ大統領の所属するアメリカ民主党は、リベラルを信条としています。

リベラルとは、具体的には”年齢なんて関係ない”、”性差別は不正義”、”同性愛もOK”というように あまり、しきたりとか伝統には拘らないことを特長としています。

実際、歴代米大統領に40歳代で就任したのは、ケネディ、クリントンにオバマと全て民主党です。

”能力があれば年齢なんで関係ない”という信条から、”若いからダメ、まだ早い”とはないないのです。

でも、今回の式典でのガムを噛むということはいくら民主党が”しきたりとか伝統にこだわらない”と
いっても非常識だ・無礼だと非難されるのは当然だと思います。
<スポンサーリンク>





nice!(0)  トラックバック(0) 
政治・経済ニュース ブログトップ